タップしてお気軽にご連絡ください
0120-932-716
お電話受付時間:9:00〜21:00
メールでお問い合わせ
LINEでお問い合わせ

宅配買取での梱包について

配達事故を防ぐための梱包方法など

不用品を買取して欲しいけど、自宅に上がられるのに抵抗があるという方には、宅配買取がおすすめです。送料も着払いの場合が多いので、ご帰宅が遅くてお店に不用品を持ち込むことができないという方は利用されると良いでしょう。

宅配買取にはスマートフォンやカメラ等のデジタル機器や貴金属・ジュエリー、小型の家電などが適しています。これらの品は比較的高値で買取してもらえる一方で、壊れやすい特徴もあります。配達中に割れたり、故障したりしてしまっては査定額にも大きく響いてしまいます。

そこで、配達中に大切な品が壊れることのないように、梱包方法のポイントを種類別にお伝えしていきます。 ①貴金属・ジュエリー

品物がもともと入っていた箱がある場合には、その中に入れて送るようにしましょう。箱がなくなっている場合には、小さなビニール袋に数点ずつ入れるのがおすすめです。ジップロックも蓋が閉められるので便利ですね。鑑定書があるのとないのとでは査定額が変わりますので探して同封しましょう。

②小型家電、デジタル機器

箱がある場合には、箱ごと段ボールに入れて送りましょう。陶器やガラスの部分がある物は厳重に緩衝材等で覆うようにします。段ボール内に隙間がある時には新聞紙を詰めるようにしてください。最後に、段ボールにワレモノシールを貼って完了です。

③ブランド品

品物の入っていた箱や袋がある場合にはその中に入れて送るようにしましょう。キズが付きやすい物はビニール袋に入れるなどして厳重に梱包することをおすすめします。ギャランティカードがある場合は商品と一緒に入れましょう。段ボール内に隙間がある時は、新聞などを詰めてから送ると良いでしょう。

段ボール箱の中に隙間が多くあると、商品が中で動いてバラバラになってしまい、破損の原因になります。できるだけ隙間なく詰めていきましょう。どうしても、隙間ができてしまう場合は間に新聞紙や緩衝材を詰めると、品物が段ボール内で動かずに済みます。

査定前に商品が壊れたりすることのないように、しっかり梱包し、少しでも高値で売却できるようにしたいですね。
出張買取
宅配買取
お問い合わせはこちら
LINEでもお問い合わせOK!!
トップへ戻る